プリリジーを服用すると射精するまでの時間が長くなります。いつも直ぐに射精してしまう方はプリリジーを服用して早漏を改善してみてください。こちらではプリリジーについて詳しく説明していきます。

  • ホーム
  • プリリジーの特徴と遺伝について

プリリジーの特徴と遺伝について

笑っている男性

早漏症は、中高年の男性に多い症状ですが、若い人でも早漏症で悩んでいる人は少なくないのです。
早漏症は、体に原因があって早漏症になる場合と、心理的な問題があって早漏症になる場合があります。
また、遺伝が原因で早漏症になるという人もいます。
オランダのユトレヒト大学で早漏症の原因となる遺伝子が発見されたことは、ニュースで報道され話題となりました。
早漏症の男性には、セロトニンを制御する遺伝子に変容があるというのです。
この遺伝子を持つ男性は、絶頂感を調節する部位でセロトニンがしっかりと働かないのです。
そのため、早く絶頂に達してしまい、射精も早くなってしまうのです。
早漏症の治療方法には、様々な方法がありますが、昔は行動療法が一般的でした。
しかし、最近では、優れた治療薬も登場しています。
世界で初めての早漏症治療薬として登場したのが、プリリジーです。
プリリジーは、早漏症の改善率が非常に高いことが特徴の治療薬で、世界中で使われています。
プリリジーを服用すると、約5時間くらい効果が持続します。
服用方法は、セックスの1時間前に1錠服用します。
効果を感じない場合は、1日2錠飲むこともできます。
食事の影響を受けないので、食後に飲むことも、空腹時に飲むこともできます。
プリリジーは、SSRIに分類されている薬ですが、他のSSRIと比較すると、早漏症の改善率の高さは段違いです。
また、SSRIの中では、副作用が少ないため、世界中の多くの男性が服用しています。
日本でも、早漏症の治療を行っている一部のクリニックで処方されています。
プリリジーは、日本ではまだ認可されていない状況ですが、厚生労働省は2012年にプリリジーの輸入を認めています。

人気記事一覧