プリリジーを服用すると射精するまでの時間が長くなります。いつも直ぐに射精してしまう方はプリリジーを服用して早漏を改善してみてください。こちらではプリリジーについて詳しく説明していきます。

  • ホーム
  • プリリジーで興奮を抑えて射精シャットアウト

プリリジーで興奮を抑えて射精シャットアウト

心配する男性

早漏症で悩んでいる人は、世界中にいます。
日本も、早漏症で悩んでいる人が多い国です。
早漏症の患者は、射精のコントロールができず、性交渉を始めてからすぐに射精してしまいます。
早く射精してしまうので、パートナーが満足できないことが多いです。
早漏症の問題は、とてもデリケートな問題なので、医学的な治療はもちろん、心理的な治療が必要となる場合もあります。
2009年には、早漏症の治療薬としてプリリジーが開発されています。
プリリジーは、世界で初めての早漏症の治療薬として有名です。
主成分はダポキセチンです。
ダポキセチンは、SSRIに分類されています。
SSRIは、うつ病や気分障害を改善する抗うつ剤です。
SSRIによる治療を行っていた患者の中に、射精までの時間が延びた人がおり、早漏予防の薬として開発されることになったのです。
早漏患者は、セロトニンが不足しているため、アドレナリンの分泌が過剰です。
ダポキセチンは、セロトニンが再吸収されるのを阻害します。
セロトニンが再吸収されないと、脳内のセロトニンが増えます。
すると、ノルアドレナリンの分泌も抑えられ、射精までの時間が延長されるのです。
ダポキセチンは、服用後1時間で血中濃度がピークになります。
そして、速やかに体の外へと排出されます。
ダポキセチンは、副作用が少ないことでも知られています。
プリリジーは、性交渉を行う1時間前に服用します。
効果については、3時間から5時間くらい持続します。
プリリジーを服用してから1ヶ月ほど経っても有効性を感じられない場合は、医師の診断を受けた方がいいです。
プリリジーの服用中に、体に異常を感じた場合は、すぐに服用を中止することが大事です。

人気記事一覧